文献人工知能論については、(1)…

文献人工知能論については、
(1)西垣通著「Al人工知能のコンセプト」講談社現代新書920・1988年
人工知能をめぐる論争の整理としては、
(2)ジョン.L・キヤステイ著、佐々木光俊他訳「パラダイムの迷宮科学の鏡に映る実像と像」「第5章認知エンジン」白揚社・1992年
ドレイファスの人工知能批判は、
(3)ヒユーバート・ドレイファス著、黒崎政男・村若修訳「コンピュータには何ができないか」産業図書・1992年
(4)ヒューバート・L・ドレイファス、スチュアート・E・ドレイファス著、椋田直子訳「純粋人工知能批判コンピュータは思考を獲得できるか」アスキー出版社・1987年
ドレイファスのモデルを適用したベナーの看護論は、
(5)パトリシア・ベナー箸、井部俊子他訳「ベナー看護論達人ナースの卓越性とパワー」医学書院・1992年
なおペプロウからベナーにいたる、もうひとつ看護の方向を示した看護哲学の本としては、
(6)ジーン・ワトソン箸、稲岡文昭・稲岡光子訳「ワトソン看護論人間科学とヒユーマンケア」医学書院・1992年

看護師 求人 名古屋
看護師 求人情報

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク