ガンが大きくなったり小さくなった…

血液検査の、CEA、AFP、PSAなどの言葉を聞いたことがあるでしょう。
これらは、「腫傷マーカー」と呼ばれるものです。
ガン検診における血液検査の意義は、腫傷マーカーと呼ばれる各種タンパクの測定や、ホルモンの定量、騨臓から出るアミラーゼ、骨転移したときに高くなる酵素や電解質などを測定することです。
腫傷マーカーには特異性の高い、つまり診断的価値の高いきわめて有効なものがあります。
肝細胞ガン、前立腺ガンなどはその代表で、検診で必ず項目に入っています。
ガンが大きくなったり小さくなったり、あるいは転移したりする過程でマーカーの増減が良い指標になることはありますが、診断の段階ではマーカーに頼りすぎると見落としのもとになることがあるので要注意です。
臓器によってマーカーは異なり、大腸ガンを測るCEA、肝臓ガンはAFP、騨臓ガンがCEA、前立腺ガンのPSAなどが知られています。
ガンにかかっていなくても、日常から血液中にタンパクはありますが、ガンになると数値が高くなります。
また、腫傷マーカーは発ガン前の「前ガン状態」から数値の変動があります。

看護師 求人 広島
正看護師 派遣

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク